Statement

私は憧れの美青年像を制作しています。
彼を線で描きます。すると彼は出現します。
彼を象徴する装飾を描き足します。その装飾は、彼を取り巻く“空気”のようなものです。
私がみている彼がいる景色は、風景ではなく、世界なのだと思います。

 

I have made image of my ideal young man.
When I draw him by pencil, he appears.
I add lines of decorations symbolize him. The decoration represents something like the “atmosphere” that surrounds him.
I think that the view with his existence that I imagine is not the landscape but the world.